Zaurus SL-C700/750/760/860 support added

http://jnug.net/msg000049ja.html To: port-zaurus%NetBSD.org@localhost Subject: Zaurus SL-C700/750/760/860 support added From: Izumi Tsutsui <tsutsui%ceres.dti.ne.jp@localhost> Date: Tue, 31 Jan 2012 23:57:43 +0900 を元にしています。

2012年1月29日に、PXA25x ベースのZaurus SL-C700/750/760/860 をサポートするコードが、 NetBSDにマージされました。移植は TOYOKURA Atsushi さんによるものです。

コミットメッセージhttp://mail-index.NetBSD.org/source-changes/2012/01/29/msg031194.html

また、nonaka@ が zboot の更新を commit してくれたので、 導入時に zboot を使って FAT パーティションから netbsd-INSTALL カーネルを読み込むことができるようになりました。 http://mail-index.netbsd.org/source-changes/2012/01/18/msg030760.html/

手軽に NetBSD/zaurus を試せるように、 インストール済み NetBSD/zaurus 1GB SD イメージを構築して、以下の場所に置いてあります。 ftp://ftp.NetBSD.org/pub/NetBSD/misc/tsutsui/zaurus/

このインストール済みイメージには、必要なファイルがすべて含まれており (ブートローダーは FAT パーティションに、NetBSD バイナリーはすべて FFS パーティションに)、 このイメージを NetBSD (や、その他の UNIX like OS) で gunzip(1) + dd(1) を使って 1GB SD に書き込んだり、 Windows で Rawrite32 ユーティリティーを使って書き込んだりすることができます。 http://www.NetBSD.org/~martin/rawrite32/index.html

このインストール済みイメージを C700 で起動する手順は、以下のとおりです。 - メンテナンスカーネルを起動して root でログインする # cd /mnt/card # ./zboot (スペースキーを押して自動ブートを止める)

boot netbsd.c700

C750/760/860/1000/3x00 で起動する手順は、以下のとおりです。 - Zaurus Linux を起動する - 端末を起動する $ su # cd /usr/mnt.rom/card # insmod -f zbsdmod.o # ./zboot

通常のインストールのための INSTALL 文書は (まだ) ありませんが、 インストールのヒントの更新版は以下のとおりです。

C700 向けのメモ - C700 は、zbsdmod.o の制約のために専用のカーネルが必要ですが、 C700 用の INSTALL カーネルはありません (近く提供予定) - NetBSD/zaurus を起動するためにはメンテナンスカーネルを使う必要があります (おそらく、メモリーの制約による)

事前準備: - NetBSD-current スナップショットバイナリーを取得します http://nyftp.NetBSD.org/pub/NetBSD-daily/HEAD/ - 以下の各ファイルを SD または CF にコピーします /zaurus/installation/zboot /zaurus/installation/zbsdmod.o /zaurus/installation/kernel/netbsd-INSTALL

インストール: - Zaurus Linux を起動します (C750/760/860/1000/3x00 の場合) または、メンテナンスカーネルを起動します (C700 の場合) - Zaurus Linux に端末エミュレーターをインストールして起動します。 http://www.users.on.net/~hluc/myZaurus/ が参考になるでしょう。 (メンテナンスカーネルの場合は不要) - シェルプロンプトで root に su します (メンテナンスカーネルの場合は不要) bash-2.05% su - zbsdmod.o LKM をインストールします # cd /usr/mnt.rom/card (SD の場合) または # cd /usr/mnt/rom/cf (CF の場合) # cd /mnt/card (メンテナンスカーネルで SD の場合) # cd /mnt/cf (メンテナンスカーネルで CF の場合) # insmod zbsdmod.o (C1000/3x00 の場合) # insmod -f zbsdmod.o (C7x0/860 の場合) (なお、C7x0/860 でのバージョン不一致の警告は無視して構いません) - インストールカーネルを zboot 経由で起動します # ./zboot (スペースキーを押して自動ブートを止める)

boot path:/usr/mnt.rom/card/netbsd-INSTALL (パスは、前述のとおり、使っているメディアやカーネルに応じて変わるので、適切なものを使う) すると、NetBSD/zaurus のインストールカーネルの sysinst が、 他の NetBSD ポートと同じように起動します http://www.netbsd.org/docs/guide/en/index.html - インストールセットの取得先には、CF ディスク、USB CD/DVD ドライブ、 または CF NIC を使うことができます。

ヒント: - 前述のとおり、Zaurus Linux では、CF 上の FAT は /usr/mnt.rom/cf に、SD は /usr/mnt.rom/card にマウントされます - メンテナンスカーネルでは、CF は /mnt/cf に、SD は /mnt/card にマウントされます - インストール後に GENERIC カーネルを起動するために、 zboot は標準状態で FFS パーティションから NetBSD/zaurus カーネルを読み込むことができます。 - NetBSD/zaurus カーネルは、zboot から読み込まれた場合は、 起動デバイスを自動的に識別します。

ゆっくりしていってね!

筒井泉

Add a comment